2005年12月15日

へそフェチ

またまたショッピングとは無関係です。
私が書き綴ってるブログが2000文字という制限があるので、
こちらにカキコメモしてまするんるん


えぇぇ〜〜〜exclamation&question
急いで『へそ』のゴマ掃除しなきゃっっっっっっあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

・・・って焦りました????

(えっ??そんなヤツはいないって???)


安心してくださいわーい(嬉しい顔)
大人の男性のへそはフェチじゃありませんからぁぁぁ〜exclamation×2
へそフェチ斬りぃぃぃ〜雷

(じゃぁ、フェチって言わないじゃんむかっ(怒り)ってexclamation&questionまぁまぁまぁまぁ・・・・)

着替えブティックさせたり、オムツドコモポイント替えたり、お風呂いい気分(温泉)に一緒に入ったり・・・
そういうときにどこをみるか・・・というと・・・

目へ・そ目

なんです。。。私。。。

(変態がく〜(落胆した顔)って言わないでぇぇぇ〜〜〜たらーっ(汗)


怪獣どものへそが、私に、出産までの出来事諸々を思い出させるんですふらふら

入籍してすぐ、結婚式も挙げてないのに妊娠しましたムード
結婚式を挙げる頃は妊娠6ヶ月で、ドレスが入るか心配でした。
妊娠7ヶ月のときに、旦那と大喧嘩して堕胎するしないとモメました爆弾
実家に戻り、出産。。。

なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁっっあせあせ(飛び散る汗)


・・・みたいな痛さでした。
よく鼻から大根、鼻からスイカと比喩されますが、
まさしくそんな感じ。。。。
今までに味わったことのない強烈な痛さです。。。
病院には、旦那、ねぇちゃん夫婦、ママゴン、旦那のお母様が・・・

旦那は、「立会い分娩は絶対しないexclamation」と豪語していたのに、
無理やり分娩室に入れられました。。。
手を握ってくれても、旦那の方が妙に力んでいるので、
握られている手のほうが痛くなり・・・

「ハゲェーむかっ(怒り)、手なんか握らんでえぇからはよ出て行って爆弾


旦那はハゲ呼ばわり・・・
周りにいる助産婦さんやお医者様は呆然・・・

やっとの思いで長男が出てきて
「お父さん、3240gのかわいい男の子ですよるんるん」と手渡されると

長男はなんと・・・・

旦那におしっこどんっ(衝撃)をかけましたどんっ(衝撃)


爆笑です。。。かわいい
ケッケッケッ・・・ψ(`∇´)ψ


まぁ、そんな珍事件もありながら、無事出産を終えたわけですが・・・
立会いに来てくれた家族たちに、長男を見せると・・・

「うわっっっっぶっさいくぅぅ〜」
「なんであんたから、こんなブサイクな子供が生まれるの??」

・・・ちっ(怒った顔)
なんか、もう少し、気のきいた言葉ないの???って感じです。

さてさて、問題は体重・・・・

私、妊娠時に15sも増えてたんです。。。もうやだ〜(悲しい顔)
だけど、病院のご飯があまりに美味しくなかったことと、
母乳がホルスタインのように出ていたことがよかったのか
退院時には元の体重に殆ど戻っていましたたらーっ(汗)

ぴかぴか(新しい)次は次男です。。。
(長いねぇ〜疲れちゃうねぇ〜ごめんねぇ〜もうやだ〜(悲しい顔)


次男は、妊娠3ヶ月のときに旦那が倒れてしまって、
殆ど妊婦らしい気遣いをせぬまま出産にいたりました。
病院と家との往復で歩きまわっていたし、
長男が自閉症で落ち着きがないので、いつも走り回っていました。

皆から、大変な状況で、女で一人で子供を2人も育てられないから
おろさなければならないexclamation×2と圧力もかけられました。
子供をおろして、旦那の世話をするのが嫁の務めとも言われました。

でも、私は反対を押し切って産む決意を下しましたパンチ

だって、一度宿った命を、殺してしまうようなこと、
絶対できなかったんですもの・・・

いわば、この子は旦那の忘れ形見みたいなものだし、
もしも、奇跡が起こって意識が戻ったら・・・と考えると
堕胎なんてできませんでした。

私は次は、絶対に!!!!
女の子が絶対欲しいと思っていたのに・・・・・・
妊娠5ヶ月目で男の子と判明してしまい・・・・・・・
その後の妊婦ライフがつまらないったら、ありゃぁ〜しない。。。もうやだ〜(悲しい顔)

予定日よりも3週間ほど早かったのに、陣痛がきました。。。。

その時、実家に戻っていた一番上のねぇちゃんに
車で産婦人科まで連れて行ってもらいました。

分娩室まですべりこみ、分娩台にあがったら・・・
看護婦さんが急いでドクターを呼びにいき、
ドクターが駆けつけた第一声が

「消毒するまで待ってくれぇぇぇexclamation×2exclamation×2


・・・でした。。。

普通、出産時には、子供の心音を図るモニターを取り付けたり
そういった諸々のことをするんですけど、
そんなことは一切なし。

消毒が終わったら・・・

スッポ〜〜〜ンあせあせ(飛び散る汗)と生まれました。

まるで・・・トイレトイレで用をたすくらいの勢いで・・・
(/−\*) ハズカシイたらーっ(汗)

赤ちゃんをキレイに洗ってあげる産湯も用意できなかったので
次男はしばらくそのまま放置されましたが
ふぎゃふぎゃふぎゃふぎゃ・・・うるさいなぁ〜って思うくらい
元気に泣いておりました。。。

どうやら膜をかぶったまま産まれたようです。
動物のお産のような出産なんですけど・・・
そういった子供を『幸帽児』と呼ぶのだそうです。。。。

たぶん・・・分娩台に上がって、5分も経っていない勢いだったと思います。

かれこれ長いんですけど・・・

(読んでくださった方、本当に長い時間お付き合い頂いてありがとうございます。)


私はへそを見ると、こんなことが思い出されるんですよねぇ〜

(やっと、本題に戻りましたたらーっ(汗)


おへそってお母さんとつながっていた証るんるん

いつもへそを見ながら、この子達をがんばって育てていこうexclamationって思います。

(別にへそ見なくてもいいんじゃないの??って辛口なこと言わないでぇぇ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by のりさん at 11:31| 愛媛 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ■その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろと苦労なさったのですね。
お察しいたします。
子供は本当に可愛いものです。
これからも大切に育ててくださいね。
心から応援しています。
Posted by PAPAS。こと福岡の桑原です。 at 2005年12月15日 19:12
PAPASさん>

ありがとうございます。
長文でしたのに、最後までお読みいただいて・・・
本当に嬉しい限りです。

私は幸い、妊娠中、そして分娩中に何も異常が起こらなかっただけ、幸せなのかもしれませんね。

ただ、次男の場合は、妊娠中に起こったあらゆることで精神的ショックが非常に大きく、胎教なども全くしてやれなかったので、今後、どのように育つのか不安に思ったりもしています。。。
Posted by のり at 2005年12月15日 23:06
すごい!!
本当に神秘的?!な物語ですねっ!
私は出産を経験してないので、その大変な状況を勝手に想像して感心してますが…

そんな大変な中で子供たちと楽しく幸せに過ごされているのを感じ、またしても『母は強し!!』だな…とまたまた感心。

子供たちの健やかな成長を楽しみにしています♪


Posted by ひとみしり〜ず。 at 2005年12月15日 23:19
ひとみしり〜ずさん>

ありがとぉぉ〜〜♪
出産って本当に最初は痛いんですけど・・・
長男と次男は2年間しか離れておらず・・・
長男のときはなんじゃこりゃぁぁ〜と発狂するくらい
痛かったのですが、
次男はなんじゃこりゃ?!と拍子抜けするくらい
安産でした♪

子供達がスクスクと、事故にあわず、
大きな病気もせず、成長してくれることを
本当にお祈りしています。。。
Posted by のり at 2005年12月15日 23:46
上の子も下の子ものりんとこといっしょなんよね〜
私は人づたいにのりの大変な事を聞いて、
私も負けずにがんばらんと、って思ってたんよ。
私のとこは両親が離婚して母がいなかったから、
上の子のときは祖母が面倒見てくれて、
なんとか実家で「里帰り出産」できました。
でもその祖母も次の年になくなったので、
下の子の時には、旦那の実家で産むことになりました。
ちょうど同じ時期に出産予定の旦那の妹も里帰りしてて、
しかも上の子と同い年の男の子もいたので、
旦那の実家は、妊婦2人と孫4人とでてんてこ舞い!
やっぱり旦那の実家だから、
義理の妹の「里帰り出産」がメインなわけで・・・
儀父母も家で仕事をしてたので、
産後1週間でお風呂そうじとかもしてたなあ、私・・・
(出産の当日もお風呂そうじしてたかも・・・)
旦那の実家にいる方が大変だったから、
退院後すぐに自宅にもどって、
産後2週間ですでにスーパーに買い物にいってました。
体調も崩して、半年くらい関節痛と手足がはれて、
(旦那いわく、ナッティー教授のように)
全身にじんましんが出続けてました。
でも今まで一度も実家とかから、
助っ人に来てもらったりしたことはありません。
というか、電話してすぐ来てくれる人がいないから。
今住んでる近所の人たちは、実家から離れてるってだけで、
育児が大変とか、二人いると身動き取れないみたいに言ってるけど、
なあんじゃそりゃああ〜って感じ!
だって実家に帰ったらくつろげるし、
美容室にだって行けるじゃん!
私なんて自分で髪とか切ってたよ!
(笑顔で聞いて、心の中で言ってました!)
まあ下の子がもう2才になるから、今では懐かしい思い出・・
こんなことなんか、苦労話でもなんでもないんだけど、
精神的に弱い方の私が、唯一子育てだけは続けてられるのは、
やっぱり子どもがなによりかわいいからなんだろうなあって思うんよ。
ただのコメントなのに長くってごめんなさい(;_;)
Posted by ちい at 2005年12月16日 01:15
ちぃ、気持ち分かる。。。

次男出産ときは、
長男を旦那の実家に預けてたんだけど、
旦那が倒れてから、跡取りの問題とか言い始めちゃったのよ。
旦那が15代目だったらしいの。
だから、長男は16代目だから引き取るけど、
次男はご勝手に・・・みたいなことも言われたのよね。
跡取りなんて話は私はどうでもいい話。。。
嫁を跡取りを産む道具としか思ってないの???って
すごく憤りを感じて、対決しました。
お父様とお母様に・・・
「子供は絶対渡しません。私が産んだ子供ですから!!!」ってね。

でも、長男の自閉症のことを話したらぷっつり音信不通・・・
マジで冷たいって思ったよ。。。

次男出産時には長男は保育園に通ってたから
そんなに大変ではなかったの。
まさに、保育園サマサマって感じ。

里帰り出産って言っても、うちの実家、ダレもいないのよ。。。日中。
ねぇちゃん夫婦とママゴンしか住んでなくて、
ママゴンは住み込みで働いてるし、
ねぇちゃん夫婦は10時ぐらいじゃないと帰ってこなくて・・・
食事の支度、ねぇちゃん夫婦の弁当作り、洗濯、掃除、全部してたの。。。
ちっともラクじゃない里帰り分娩だったよ。。。
逆にしんどい・・・って感じで・・・

だからちぃの気持ち、すごく分かる。

私もね、次男出産後、腰痛と激ヤセに悩んだの。
体重なんて35kgまで落ち込んじゃってさぁ〜
腰痛なんてひどかったよぉ〜
医者に行くと、産後だから・・・って理由で問題ないって言われるし、マジ????って感じだった。

私のほうが長いコメントだよね。
ごめ〜〜ん。。。
Posted by at 2005年12月16日 07:25
みんな、偉いね。
強いね。

私は・・・・どうだろう???

相変わらず、泣き虫です。
泣き姿が、不気味なので妖怪呼ばわれしてます。

上の子がお腹にいるとき
旦那が会社を辞めました。
甲子園に行きたいと言って・・・・(なんじゃ、そりゃ)
別に、不安は覚えなかったけれど
金銭的には、ちょっとしんどくて
実家に里帰り出産したものの
病院往復のバス代をケチって
往復2時間くらい歩いてました。
(そんなの苦労じゃない)
普段は、旦那の実家を行き来しているから
長女が産まれてから
母乳をだんなの家族の前であげるのが
すんごく抵抗があって
辛かったな・・・・
(って、これも苦労じゃない)
何かにつけて
すぐに感情的になり、勝手に自爆。
相変わらずなんです。
下の子は、あまり苦労してないかな?
里帰りはしないで産んだんだけど
主人の実家で面倒を見てもらえるのかと思ったら、
軽く拒否されて、ビックリしました。
そのくらい・・・・。
でね、レナの七五三の時も
ハナのお宮参りの時も、夫婦でジーパン参加の
主人の両親。
悪気はないんだと思う。
腹もたたなくなってきたよ。
でも、毎回、驚かされています・・・。

私も、コメント長いね。
Posted by けば at 2005年12月16日 09:12
ケバはケバのままでいてね♪
ケバのこと、ケバだからスキだし・・・

素直な表現できるし、裏表がないってスゴクよく分かるから・・・
いくら自爆しても、皆、ケバのこと、スキなんだと思うの。

旦那のことは好きなんだけど、旦那の親は好きじゃないってことは、結婚したらよく見えてくることだと思うし、
皆、それぞれに、苦労して、頑張ってるんだよね。
家vs家みたいになるし、私も散々自分の家のことケチョンケチョンにけなされたけど・・・
でも、憎い感情を抱えたままだと自分自身が辛くなる。

まぁ、知らないうちに、旦那の両親を傷つけてることもあるかもしれないし。。。と思って、気にしすぎないことがうまくやっていく秘訣なのかもしれないね。

うちも両親離婚しちゃって。。。
バラバラ家族だけど、強烈(?!)な姉妹がいるだけ救われた気もする。。。
あと、アホアホム〜ド満開のハッスルママゴンもね。。。

そして、ケバやちぃがこうやってコメントくれると、
本当に、本当に、元気が出てくるよ〜〜〜♪♪♪

友達っていいな。。。なんてお母さんといっしょの歌に出てきそうだけど、マジでそう思うもん!!!

ありがとねぇ〜〜〜!
Posted by のり at 2005年12月16日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。